息子の水泳教室に行きました。
これは期間限定のものだったので、1ヶ月だけ通ったのですが、そこで出会ったママの1人がメキシコ人でした。
ここは英語圏ですが、スペイン語圏のラティーノがたくさん住んでいます。

そんな彼女は、多くのラティーノ同様、英語が話せません。
全く言っていることもわからないようで、コーチが何かを彼女に話していたのですが、彼女は理解できませんでした。
そこで、私に通訳を頼んできました。

私がスペイン語を話せることを彼女は知っていたので、彼女のために通訳したのですが、私も、英語は得意ではありません。
なので、彼女が言っていることをパッと英語に変換はできませんでしたが、何とか通訳させてもらいました。

こういうことがあると、もっと私も英語を勉強しなければいけないなと思いましたし、自分の居間の語学レベルがリアルにわかるので、良い経験でした。
その後も何度か彼女とコーチの間を通訳する機会があり、その度にドキドキしました。