私がドイツ語の翻訳で使っている辞書は3種類あります。

普段、もっともよく使っているのが普通サイズの独和辞典です。

この独和辞典は古く、まだドイツが統一される前に作られたものです。

そのため、付録に付いている地図を見ると、昔のドイツが載っています。

また、単語も東西ドイツの時に使われていた単語を見ることができ、歴史を感じる辞典です。

いろいろな意味でこの辞典は貴重だと思っています。

その他には大きいサイズで単語も多く載っている大辞典です。

もう一つは独独辞典です。

大辞典にはたくさんの言葉が載っているので、普通サイズの辞典に載っていない表現や単語も、ほとんど、この辞典で対応できています。

独独辞典は日本語での意味を調べて曖昧な時や、微妙なニュアンスの時などに利用しています。

ドイツ語の単語をドイツ語で説明しているので、内容を理解するのも少し時間がかかってしまいます。

しかし、ドイツ語で書かれた記事や資料を翻訳していくためには、独独辞典のほうが、本来の意味を理解しやすいと思います。

評判の高いドイツ語のレッスンを受けているので、今よりももっとドイツ語の語学力が上がっていったら、独独辞典を中心に翻訳作業をしたいと思っています。

それ以外で言葉も意味を調べる時はインターネットを使うこともあります。

しかし、それで解決できることがあまりありません。

そのため、なるべく今使っている辞典を上手く活用し、前後の文章の意味や単語を分解して、意味を知るようにしています。

翻訳作業の面白いところは、その世界に入り込むことができることです。

普段は日本で生活しているので、日本語が当たり前の世界ですが、翻訳作業中は気持ちは外国へ行っています。

わざわざ海外に行かなくても、翻訳の中で海外にいるような気分になれることもあります。

また、物語の翻訳はストーリーを楽しむことができますし、その時代にタイムスリップすることもできます。

自分の知らない世界に連れて言ってくれる所も、翻訳作業の楽しいところですし、私が今まで続けてこられた大きな要因だと思っています。